Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
amazon
夕風ブレンド (通常盤)
夕風ブレンド (通常盤) (JUGEMレビュー »)
スキマスイッチ,スキマスイッチ
空創クリップ
空創クリップ (JUGEMレビュー »)
スキマスイッチ, GRAPEVINE
全力少年はスカッとしてやっぱりいい♪
夏雲ノイズ
夏雲ノイズ (JUGEMレビュー »)
スキマスイッチ
奏はステキすぎます。

De jour en jour

きままに・・・。れいこの日常ブログ。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
* << 地元で夏の風物詩 * TOP * 日本沈没 >> *
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- :: コメント(0) :: トラックバック(0)
ドミノとつきのふね
電車の中ですること。

・爆睡
・iPod
・読書

という優先順位。

立ち寝は切羽詰ってないとやらないから、座れない時は爆睡という選択肢がなくなる(>_<)
だから音楽を聴くんだけど、最近は読書がどうも優勢ヽ( ゜▽゜)ノ

最近は文庫本がいい感じ。

ドミノ
恩田陸の「ドミノ」。

登場人物が27人+1匹。多すぎ(*_*)
最初は私の頭の中がパニックになること間違いなし、と思ったんだけど、登場人物それぞれがみんな個性的で最初からスーっと入り込める作品でした。

日常の些細な事件が大騒動に発展していくパニックコメディ!
何の繋がりもない見知らぬ者同士が集まる東京駅。誰かと誰かがすれ違うその一瞬に、運命のドミノが次々と倒れてゆく!!
東京駅にいる目的はバラバラの27人+1匹。
その人達が1つの物語で少しずつ絡まっていく様が、決して分厚くない本に見事にまとまっていて面白かったです。
バラバラの人達が少しずつ繋がっていく感じが、アカデミー賞の「クラッシュ」って映画に似てたかも。

恩田陸の作品は「夜のピクニック」とか「六番目の小夜子」とか有名なのも多いから、前々から気にはなっていたんですが、初めて読みました。
あっさりと読めたし、他の小説も読んでみよう(^-^)


つきのふね
今年直木賞をとった森絵都の、「つきのふね」。

この人の作品も初めて読んだ。
直木賞効果。いろんな本屋さんで目立つところに置かれていたから、きれいな黄色い表紙が気になったのです。
読みやすそうなページ数。なおかつ短編集ではないというところもポイント高かったし。
小説は、長く読み応えのあるものが好きなんです。
でも読んだことのない作者の作品だし、身近な人から評判を聞いたわけでもないので、一冊目はあまり厚くないものを選ぼうと思って。

森絵都という人は、数々の児童文学賞を受賞しているようなので、児童文学作家なんでしょうかね。
あぁ、無知(-_-)

この「つきのふね」も中学生が主人公の小説。

あの日、あんなことをしなければ…。心ならずも親友を裏切ってしまった中学生さくら。進路や万引きグループとの確執に悩む孤独な日々で、唯一の心の拠り所だった智さんも、静かに精神を病んでいき―。近所を騒がせる放火事件と級友の売春疑惑。先の見えない青春の闇の中を、一筋の光を求めて疾走する少女を描く、奇跡のような傑作長編。

中学生らしい不器用さ満載。

そんなことでそこまで悩まなくてもいいのに・・・なんて読みながら思ったりもしたけど、私も中学時代は、些細なことでこの世の終わりを感じたりしていたからね。
テストで悪い点を取って、あぁ死んだ方がマシ・・・とか思ったりヾ(`◇´)ノ彡☆
友達となんとなく不仲になって、絶望的な気分になったり。。。

中学生が読んでもちろん面白い本だと思うけど、大人が読んでも十分に面白かったですよ。
電車の中で読んでいたのに、最後はちょっと泣きそうになっちゃいました(;_;)
たぶん家で読んでたら号泣。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。


・・・「読書のこと」ってカテゴリ、いらないよなぁ。。。
ほぼ使ってないや |ヽ(*´ー`)ゞ
読書のこと :: コメント(4) :: トラックバック(0)
スポンサーサイト
- :: コメント(0) :: トラックバック(0)
コメント
恩田陸*六番目の小夜子にはまってドミノも最近よみました*

小説先行でドラマ六番目の小夜子をみたのですが、シナリオもオリジナルで久々に熱中できましたよ〜お勧めです

ドミノ 麻里香ちゃんのオーディションのシーンが好きです。
なんか10歳にしてはおとなっぽなぁと思ったのですが
レイカちゃんのママが下剤ほかの子に飲ませるところとか喧嘩するところとか人のせいにするところとか、本当にうまいなぁと感じました。
2006/08/17 12:55 AM by 梅吉
>梅吉さん
コメントありがとうございますm(__)m
「六番目の小夜子」は小説もドラマも面白いんですか〜!気になります!

私もオーディションのシーンが好きです♪
たしかに子役の女の子たちは大人びてますよね(^_^)
でも本物の子役の子たちも普通の子どもより大人びている気がするから、私はけっこうリアルだなぁと思いながら読みました。
退屈だからって、お母さんたちの前からパッといなくなるところとか、子どもらしさも描かれてましたね(*^-^*)
2006/08/17 11:44 PM by れいこ
両方共読んでみようって思います!
気に入った作品があると、同じ作者の本を全部読んじゃうんだけど、その後にまた新たに探すのが大変(涙)
丁度いま、読みたい本が無くって…良かった♪

私も分厚くて読み応えのある本が大好き!!
短編集とエッセイは好きではない。(星 新一は別♪)
何か分厚くて面白いお薦めの本、無いかしら?
2006/08/18 6:22 PM by エリカ
>エリちゃん
わぁわぁ!!
私も短編集は苦手なんだけど、(星新一以外)って書こうと思ったんだよ〜!
だからエリちゃんのコメントにビックリした(*-*)
短編もSFもダメなはずなのに、星新一は中学生くらいの時好きでいっぱい読んでた!
分厚い本ねぇ・・・宮部みゆきの「模倣犯」とか長かったけど面白かったよ。でもちょっと怖い(>_<)
2006/08/21 12:14 AM by れいこ
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://lingzi.jugem.cc/trackback/304

トラックバック
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. Template by MemoryLife
Links

**うさこ**


QRコード
qrcode
Profile
Others