Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recent Trackback
amazon
夕風ブレンド (通常盤)
夕風ブレンド (通常盤) (JUGEMレビュー »)
スキマスイッチ,スキマスイッチ
空創クリップ
空創クリップ (JUGEMレビュー »)
スキマスイッチ, GRAPEVINE
全力少年はスカッとしてやっぱりいい♪
夏雲ノイズ
夏雲ノイズ (JUGEMレビュー »)
スキマスイッチ
奏はステキすぎます。

De jour en jour

きままに・・・。れいこの日常ブログ。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
* << 人生初キャンプ * TOP * 置いてけぼりの電話 >> *
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- :: コメント(0) :: トラックバック(0)
夜のピクニック
夜のピクニックのんびり読書ブームは続いています。

恩田陸の「夜のピクニック」。有名です。
こないだ「ドミノ」を読んで、他の作品も読みたいな〜と思ってたら、たまたま借りれた♪


夜を徹して八十キロを歩き通すという、高校生活最後の一大イベント「歩行祭」。生徒たちは、親しい友人とよもやま話をしたり、想い人への気持ちを打ち明け合ったりして一夜を過ごす。そんななか、貴子は一つの賭けを胸に秘めていた。三年間わだかまった想いを清算するために―。今まで誰にも話したことのない、とある秘密。折しも、行事の直前にはアメリカへ転校したかつてのクラスメイトから、奇妙な葉書が舞い込んでいた。去来する思い出、予期せぬ闖入者、積み重なる疲労。気ばかり焦り、何もできないままゴールは迫る―。

自分の10代をついつい振り返っちゃうような小説でした。

たしかに最初から面白くはあったんだけど、なぜこんなにも話題になるのかわからなかった。
でも後半は、ヒマを見つけてはむさぼるように読み進めるくらいの本になっていました。
登場人物それぞれが個性的で、さらに主人公2人の心情が丁寧に描かれていてわかりやすい(^-^)
とくに貴子は、なんだか自分の高校時代に似てて、ものすごく親近感がわきました。
私の通っていた学校にも、全校生徒で歩く行事がありました。
前半は全校生徒で連なって歩き、後半は競争。
まさにこの本の中の「歩行祭」と同じ感じです。

ただ、朝から夕方までだったから、本の中の歩行祭に比べればずーっと軽いものだったんだけど(´▽`)
都会の子は軟弱ですから〜。

学校に入学してすぐのその行事で一緒に歩いた子とは、それまでほとんど話したことがなかった。
天は二物を与えずって言うけど、その子は二物どころか三物くらい与えられちゃったような子。
私には高嶺の花だと思ってたのに、仲良しになりました。共通点は、体力のないところ。
・・・でもとても悲しい出来事が起こって、その子は途中から学校に来れず、ついに卒業式も来なくて、ずっと音信不通なんだ(T-T)
元気に生きているといいのだけど。。。


「ただ歩くだけ、それだけなのになんでこんなに特別なんだろう」というようなセリフがあって、あぁホントまさに!と思った。
つらいけどみんなでやり遂げたことって、後でものすごく特別な思い出になる。

本当にただ歩くだけだけど、これが映画化されるそうです。
映像でうまくこの小説の面白さが伝えられるのか、ある意味楽しみ。

ということで、Yahoo動画で「ピクニックの準備」という、登場人物それぞれの歩行祭前日の様子を映像化したものを見ました。
加藤ローサ以外は誰!?
たぶん途中でやめるだろうと思いきや、全部見てしまったσ(・_・)

久しぶりに、なにかをやり遂げる達成感を味わいたくなった。
読書のこと :: コメント(0) :: トラックバック(1)
スポンサーサイト
- :: コメント(0) :: トラックバック(0)
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://lingzi.jugem.cc/trackback/311

トラックバック
2006/10/03 8:58 PM
恩田陸を読む: 恩田陸作品,小説,エッセイ等の紹介、作品ごとのレビュー、感想の投稿。
恩田陸を読む
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved. Template by MemoryLife
Links

**うさこ**


QRコード
qrcode
Profile
Others